• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メキシコ戦で2安打 小久保監督も悩む“打者大谷”の存在感

 侍ジャパンの小久保監督は、来年3月のWBC本大会での大谷翔平(22=日本ハム)の起用に関して、「メーンは投手」と言っている。本大会がプロ野球開幕の直前に行われることを考えれば、無理はさせられない。負担の大きい二刀流起用は所属する日本ハムの了解を得る必要もあり、権藤投手コーチも「登板間に代打待機、というのが現実的」との見解を示している。

「しかし、投げて165キロ、打って22本塁打の大谷のポテンシャルは、つい指揮官に欲を出させてしまう。日本ハムの栗山監督がそうであるように、無理はさせない、と言いながら、結局は二刀流の力に頼りたくなってしまうものですからね。小久保監督が果たして我慢できるかどうか」(マスコミ関係者)

 11日のメキシコとの強化試合2戦目。大谷がさっそく指揮官の心を揺さぶった。「3番・DH」で出場すると、初回の第1打席にいきなり左翼線二塁打。快足を飛ばして一塁内野安打で出塁した五回の第3打席は、すぐさま二盗を決めるなど足でも魅せた。結局、4打数2安打2四球。11-4で大勝した日本打線の起爆剤になったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る