メキシコ戦で2安打 小久保監督も悩む“打者大谷”の存在感

公開日:  更新日:

 侍ジャパンの小久保監督は、来年3月のWBC本大会での大谷翔平(22=日本ハム)の起用に関して、「メーンは投手」と言っている。本大会がプロ野球開幕の直前に行われることを考えれば、無理はさせられない。負担の大きい二刀流起用は所属する日本ハムの了解を得る必要もあり、権藤投手コーチも「登板間に代打待機、というのが現実的」との見解を示している。

「しかし、投げて165キロ、打って22本塁打の大谷のポテンシャルは、つい指揮官に欲を出させてしまう。日本ハムの栗山監督がそうであるように、無理はさせない、と言いながら、結局は二刀流の力に頼りたくなってしまうものですからね。小久保監督が果たして我慢できるかどうか」(マスコミ関係者)

 11日のメキシコとの強化試合2戦目。大谷がさっそく指揮官の心を揺さぶった。「3番・DH」で出場すると、初回の第1打席にいきなり左翼線二塁打。快足を飛ばして一塁内野安打で出塁した五回の第3打席は、すぐさま二盗を決めるなど足でも魅せた。結局、4打数2安打2四球。11-4で大勝した日本打線の起爆剤になったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る