• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メキシコ戦で2安打 小久保監督も悩む“打者大谷”の存在感

 侍ジャパンの小久保監督は、来年3月のWBC本大会での大谷翔平(22=日本ハム)の起用に関して、「メーンは投手」と言っている。本大会がプロ野球開幕の直前に行われることを考えれば、無理はさせられない。負担の大きい二刀流起用は所属する日本ハムの了解を得る必要もあり、権藤投手コーチも「登板間に代打待機、というのが現実的」との見解を示している。

「しかし、投げて165キロ、打って22本塁打の大谷のポテンシャルは、つい指揮官に欲を出させてしまう。日本ハムの栗山監督がそうであるように、無理はさせない、と言いながら、結局は二刀流の力に頼りたくなってしまうものですからね。小久保監督が果たして我慢できるかどうか」(マスコミ関係者)

 11日のメキシコとの強化試合2戦目。大谷がさっそく指揮官の心を揺さぶった。「3番・DH」で出場すると、初回の第1打席にいきなり左翼線二塁打。快足を飛ばして一塁内野安打で出塁した五回の第3打席は、すぐさま二盗を決めるなど足でも魅せた。結局、4打数2安打2四球。11-4で大勝した日本打線の起爆剤になったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る