• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ライバル筒香は2打点 4タコ中田翔に侍J4番“本命”の重圧

 侍、赤っ恥である。

 10日に行われた侍ジャパンの強化試合。対戦相手のメキシコは、投手陣が8個の四球を与え、暴投あり失策ありとボロボロだったにもかかわらず、日本はわずか5安打3得点。13個ものポップフライを打ち上げているようでは勝てるはずがなかった。

 小久保監督も頭が痛かろうが、そんな中で来春WBCの4番について理想形があるという。

 今は「(4番は)中田か筒香。どちらもふさわしい」と言い、昨年の「プレミア12」では当初、中村(西武)を起用するも、大会期間中に筒香を抜擢した。この日は「4番中田、5番筒香」で臨み、中田が4タコと精彩を欠いた一方で、筒香が適時二塁打を放って存在感をアピールしたが、「小久保監督は頑固な人。むしろ、中田の可能性を考えている」と言うのは、某ソフトバンク関係者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    「オフィス北野」つまみ枝豆社長のかじ取りで渡る三途の川

もっと見る