ライバル筒香は2打点 4タコ中田翔に侍J4番“本命”の重圧

公開日:  更新日:

 侍、赤っ恥である。

 10日に行われた侍ジャパンの強化試合。対戦相手のメキシコは、投手陣が8個の四球を与え、暴投あり失策ありとボロボロだったにもかかわらず、日本はわずか5安打3得点。13個ものポップフライを打ち上げているようでは勝てるはずがなかった。

 小久保監督も頭が痛かろうが、そんな中で来春WBCの4番について理想形があるという。

 今は「(4番は)中田か筒香。どちらもふさわしい」と言い、昨年の「プレミア12」では当初、中村(西武)を起用するも、大会期間中に筒香を抜擢した。この日は「4番中田、5番筒香」で臨み、中田が4タコと精彩を欠いた一方で、筒香が適時二塁打を放って存在感をアピールしたが、「小久保監督は頑固な人。むしろ、中田の可能性を考えている」と言うのは、某ソフトバンク関係者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る