日ハム栗山監督が明かす 大谷“メジャー挑戦”のタイミング

公開日: 更新日:

「(12年の)1月からスカウト会議にはずっと出ていて、もし、大谷が取れたら(投手と野手)どっちで使う? という話になったのは5月くらいかな。(二刀流の)話はそこからスタートしていました」

 日本ハムの栗山監督が15日、日本外国特派員協会の会見に出席、大谷翔平(22)の二刀流構想がスタートした時期に関してこう言った。

 メジャー志向が強かった本人を翻意させた経緯に関しては、「メジャーが夢。そこに行く過程でどうしたらシンプルに、いい形で行けるのかと考えた」と言う。

「日本で何年かかけて細かい技術を身に付ける。メジャーに行く近道はこれだと説明したつもり。翔平の高校時代から接点があり、野球に対するアタマの良さは知っていた。彼なら理解してくれると思った」

 大谷は昨年、15勝をマークして最多勝、最高勝率、最優秀防御率の投手3冠を獲得。プロ4年目の今季は約2カ月間、野手に専念して打率・322、22本塁打。投手としては日本人最速の165キロをマークした。本人は今季の成績について「もっともっとできると思う。個人的には満足していません」と話しているものの、投打ともすでに、プロ野球界のトップレベルにあることは疑いようがない。

 栗山監督によれば、大谷が日本ハムでプレーしているのはあくまでも夢を追う過程。個人的な課題はメジャーでもこなせるだけに、来オフにも海を渡ることになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    深キョンもびっくり?田中みな実キャラ変で絶好調の新境地

  3. 3

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  4. 4

    正直大変…水野美紀さんはまともに目を合わせるとヤラレル

  5. 5

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  6. 6

    「ルパンの娘」深キョン祖母役 59歳・どんぐりって誰だ?

  7. 7

    巨人はグラリ…ドラ1指名は大船渡・佐々木か星陵・奥川か

  8. 8

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

  9. 9

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  10. 10

    組織委が責任逃れ 東京五輪は“死のボランティア”も現実に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る