岸に4年16億円提示 楽天“大判振る舞い”で狙う東北マネー

公開日: 更新日:

「10年間お世話になりました」

 17日、FA権行使を表明した西武岸孝之(31)が球団事務所に残留しない意向を伝えた。

 これによって楽天入りが正式決定。18日には星野仙一副会長と立花陽三社長同席のもと、記者会見を行う。

 岸は肩やヒジの故障が多く、シーズン途中での離脱も少なくない。一昨年まではコンスタントに2ケタ勝っていたものの、今季19試合に登板して9勝7敗(防御率2.49)。昨季は16試合で5勝6敗だった。

 今季の年俸2億5000万円の岸に対し、楽天が提示した条件は「4年16億円」といわれる。

「FA太り」という言葉はあるにせよ、かなりの大盤振る舞いではないか。

 理由のひとつは楽天の深刻な先発不足である。柱といえるのは則本昂大(25)くらい。美馬学(30)、塩見貴洋(28)らはローテに入るも、今季はいずれも「貯金」をつくれなかった。チーム防御率4・11でリーグ5位に沈み、投手陣の立て直しは急務。則本に続く先発の柱はノドから手が出るほど欲しかったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  2. 2

    東出昌大の好感度 渡部建や優樹菜の不倫報道で“V字回復”か

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    “長嶋超え”と大騒ぎ 原監督「歴代2位1035勝」の本当の価値

  6. 6

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  7. 7

    年金暮らしなのに「本家」のプライドで毎月9万円の赤字が

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  10. 10

    綾瀬はるかと熱愛報道ノ・ミヌ 実は韓国では“過去の人”

もっと見る