• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

岸に4年16億円提示 楽天“大判振る舞い”で狙う東北マネー

「10年間お世話になりました」

 17日、FA権行使を表明した西武の岸孝之(31)が球団事務所に残留しない意向を伝えた。

 これによって楽天入りが正式決定。18日には星野仙一副会長と立花陽三社長同席のもと、記者会見を行う。

 岸は肩やヒジの故障が多く、シーズン途中での離脱も少なくない。一昨年まではコンスタントに2ケタ勝っていたものの、今季19試合に登板して9勝7敗(防御率2.49)。昨季は16試合で5勝6敗だった。

 今季の年俸2億5000万円の岸に対し、楽天が提示した条件は「4年16億円」といわれる。

「FA太り」という言葉はあるにせよ、かなりの大盤振る舞いではないか。

 理由のひとつは楽天の深刻な先発不足である。柱といえるのは則本昂大(25)くらい。美馬学(30)、塩見貴洋(28)らはローテに入るも、今季はいずれも「貯金」をつくれなかった。チーム防御率4・11でリーグ5位に沈み、投手陣の立て直しは急務。則本に続く先発の柱はノドから手が出るほど欲しかったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る