やっと仏1部デビューも 五郎丸のレギュラー入りに高い壁

公開日: 更新日:

「ジャージーを着て試合ができたことは、非常にうれしく思う」――。

 ラグビー・フランス1部リーグのトゥーロンで公式戦デビューした元日本代表FB五郎丸歩(30)が満足そうに振り返った。

 6日(日本時間7日未明)のリヨン戦に後半16分から途中出場。昨年のW杯で世界を席巻したプレースキックの機会はなく、得点には絡まなかったが、無難にプレーして初戦を終えた。

 8月の開幕戦から10戦目で初めてグラウンドに立った五郎丸は「(今後は)監督や選手とコミュニケーションを取って、1試合でも多く出られるように」と話したが、先行きは不透明だ。

 今回、出場機会を得たのは実力を認められたからではなく、レギュラーの穴埋めをしたにすぎない。現在は各国代表による「テストマッチ」期間で、トゥーロンの正FBリー・ハーフペニー(27)は、母国ウェールズ代表に招集された。ハーフペニーを欠くチームは、五郎丸ら3人の控え選手を併用している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る