3敗で綱取り絶望…豪栄道が回避した“短命横綱”からの引退

公開日:

 むしろ「負けてよかった」という声すらある。

 日本人大関同士の対決となった11月場所9日目。2敗の豪栄道(30)はクビの皮一枚で綱とりの望みをつないでいたが、「これ以上負けられない」という焦りがあったのだろう。稀勢の里相手に雑な相撲で攻め急ぎ、土俵際で逆転の突き落としを食らった。

 優勝争いから脱落する3敗目とあっては、綱とりもジ・エンド。しかし、長い目で見ればこれでよかったのではないか。

 豪栄道は大関13場所で、2ケタ勝利は先場所の全勝初Vを含めてたったの2回。カド番は4回もある。これでは横綱に昇進したところで、安定した成績を残すのは難しい。「ダメ大関」と呼ばれた力士に限って、短命横綱に終わった例もある。

 73年、79年に昇進した琴桜と三重ノ海は、いずれも横綱在位わずか8場所で引退せざるを得なかった。横綱は大関と違ってカド番制度に頼るわけにもいかず、休み休み相撲を取っても成績が振るわなければ世間から非難され、引退に追い込まれる。求められる内容と結果は大関の比ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る