日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

綱取りへ白星発進 豪栄道は「華がない」から連覇への期待

「あの男」の二の舞いはなさそうだ。13日に初日を迎えた大相撲11月場所。綱とりを目指す大関豪栄道(30)は栃煌山を一方的な相撲で下し、順調な白星発進となった。

 先場所は全勝で自身初優勝を飾った豪栄道。今場所連覇なら悲願の横綱昇進だが、気がかりなのが琴奨菊(32)も同じ境遇だったことだ。

 今年1月場所で初優勝するとイベントやバラエティー番組に出ずっぱり。本人は「相撲をもっと知ってもらうため」とうそぶいていたが、新妻の隣でにやけているのだから説得力はゼロ。浮かれていたのは誰の目にも明らかだった。稽古不足で満足な調整もできず、翌3月場所は8勝7敗と勝ち越すのが精いっぱい。

■黙々と相撲道に邁進

 ある放送関係者は「その点、豪栄道は大丈夫です」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事