• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

パットタッチ抜群も イ・ボミ“コーライ芝”ではからっきし

【LPGAツアー選手権リコーカップ 2日目】

 先週の試合で2年連続賞金女王を決めたイ・ボミ(28)がパッとしない。2日目は6番でチップインイーグルを決めるも、スコアを伸ばせず通算1オーバーの15位タイ。7アンダーで単独首位に立った申ジエとは8打差。タップリ稼いで気が抜けたのかと思いきや、そうではないようだ。

 11年から日本ツアーに参戦しているイ・ボミは、12年の今大会に優勝しているが、それ以後、コーライグリーンで行われる国内大会(ダイキンオーキッド=琉球GC、フジサンケイ=川奈ホテルGC富士C)では未勝利だ。圧倒的な強さを見せた昨年も、コーライグリーンを攻略することはできなかった。コーライは漢字では「高麗」と表記し、韓国由来の芝だ。

 あるツアー関係者が言う。

「イ・ボミは日本ツアーに参戦して2年目ぐらいまでは、パッティングのインパクトはやや強めでした。韓国のゴルフ場もベントグリーンですが、おそらく日本のトーナメント会場よりボールの転がりが遅かったからではないか。今は密度が高いベント芝に合わせてソフトタッチになった。ボールがスーッと伸びる速いグリーンでのライン読みは抜群にうまい。高温多湿の気候に強い高麗芝は葉や茎が太く、コーライグリーンの逆目はかなり強めにヒットしなければボールはブレーキがかかったように止まってしまう。今のイ・ボミにはラインや距離感のイメージが合わないのでしょう」

 日本ツアーで稼ぐために、パッティングを日本仕様に変えたか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る