• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

パットタッチ抜群も イ・ボミ“コーライ芝”ではからっきし

【LPGAツアー選手権リコーカップ 2日目】

 先週の試合で2年連続賞金女王を決めたイ・ボミ(28)がパッとしない。2日目は6番でチップインイーグルを決めるも、スコアを伸ばせず通算1オーバーの15位タイ。7アンダーで単独首位に立った申ジエとは8打差。タップリ稼いで気が抜けたのかと思いきや、そうではないようだ。

 11年から日本ツアーに参戦しているイ・ボミは、12年の今大会に優勝しているが、それ以後、コーライグリーンで行われる国内大会(ダイキンオーキッド=琉球GC、フジサンケイ=川奈ホテルGC富士C)では未勝利だ。圧倒的な強さを見せた昨年も、コーライグリーンを攻略することはできなかった。コーライは漢字では「高麗」と表記し、韓国由来の芝だ。

 あるツアー関係者が言う。

「イ・ボミは日本ツアーに参戦して2年目ぐらいまでは、パッティングのインパクトはやや強めでした。韓国のゴルフ場もベントグリーンですが、おそらく日本のトーナメント会場よりボールの転がりが遅かったからではないか。今は密度が高いベント芝に合わせてソフトタッチになった。ボールがスーッと伸びる速いグリーンでのライン読みは抜群にうまい。高温多湿の気候に強い高麗芝は葉や茎が太く、コーライグリーンの逆目はかなり強めにヒットしなければボールはブレーキがかかったように止まってしまう。今のイ・ボミにはラインや距離感のイメージが合わないのでしょう」

 日本ツアーで稼ぐために、パッティングを日本仕様に変えたか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  6. 6

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  7. 7

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「安倍3選」という「終わりの始まり」<中>

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る