パットタッチ抜群も イ・ボミ“コーライ芝”ではからっきし

公開日:  更新日:

【LPGAツアー選手権リコーカップ 2日目】

 先週の試合で2年連続賞金女王を決めたイ・ボミ(28)がパッとしない。2日目は6番でチップインイーグルを決めるも、スコアを伸ばせず通算1オーバーの15位タイ。7アンダーで単独首位に立った申ジエとは8打差。タップリ稼いで気が抜けたのかと思いきや、そうではないようだ。

 11年から日本ツアーに参戦しているイ・ボミは、12年の今大会に優勝しているが、それ以後、コーライグリーンで行われる国内大会(ダイキンオーキッド=琉球GC、フジサンケイ=川奈ホテルGC富士C)では未勝利だ。圧倒的な強さを見せた昨年も、コーライグリーンを攻略することはできなかった。コーライは漢字では「高麗」と表記し、韓国由来の芝だ。

 あるツアー関係者が言う。

「イ・ボミは日本ツアーに参戦して2年目ぐらいまでは、パッティングのインパクトはやや強めでした。韓国のゴルフ場もベントグリーンですが、おそらく日本のトーナメント会場よりボールの転がりが遅かったからではないか。今は密度が高いベント芝に合わせてソフトタッチになった。ボールがスーッと伸びる速いグリーンでのライン読みは抜群にうまい。高温多湿の気候に強い高麗芝は葉や茎が太く、コーライグリーンの逆目はかなり強めにヒットしなければボールはブレーキがかかったように止まってしまう。今のイ・ボミにはラインや距離感のイメージが合わないのでしょう」

 日本ツアーで稼ぐために、パッティングを日本仕様に変えたか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る