J王者決定戦のキーマン鹿島・金崎 大き過ぎた造反の代償

公開日:

 今季の年間王者を決めるJリーグチャンピオンシップ(CS)戦は29日の第1戦を1-0で制した浦和が、対戦相手の鹿島に対して圧倒的有利の状況で3日の第2戦(埼スタ=午後7時30分キックオフ)を迎える。

 年間勝ち点1位の浦和の今季失点数はリーグ最少28。1試合平均0.82と「1点以下」だ。年間勝ち点3位の鹿島は「今季2点以上の試合が40%台」とあって浦和の堅守をこじ開けるのは容易ではない。選手全員がハードワークし、エースFW金崎夢生(27)が獅子奮迅の活躍を見せないと浦和相手に2連敗もある。「しかも金崎のモチベーションがいまひとつ……」とは某Jリーグ関係者。

「日本代表ハリルホジッチ監督は、相手ゴール前で体を張ったプレーの出来るストライカーが大好き。金崎を有力な1トップ候補として高評価していた。ところが8月のJ湘南戦の後半、交代を命じられるとベンチ前で石井監督に鬼の形相で詰め寄って暴言を吐くなど大暴れ。これがハリルさんの逆鱗に触れ、9月と10月のロシアW杯最終予選4試合の代表メンバーから『やってはいけないことをしでかした』と除外。この4試合で評価急上昇だったのが、独1部ケルンで結果を残しているFW大迫勇也(26)です。日本代表戦でも決定的な仕事をこなしてハリルさんに好印象を与え、最近は、大迫のことをベタボメしている」

 たとえ第2戦で鹿島を年間王者に導く値千金ゴールを決めても、金崎の代表復帰の可能性はゼロに近く、そのことを本人も十分に自覚している。

 やはり大き過ぎた過去の代償なのである――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る