首脳陣の狙いは移籍金 ミラン本田12月から始まる“品評会”

公開日:

 ロシアW杯予選の前半戦最後のサウジアラビア戦(15日)の後、欧州組は所属クラブに戻って週末のリーグ戦で存在をアピール……と言いたいところだが、サウジ戦の先発から外れたミランFW本田圭佑(30)とフル出場したインテルDF長友佑都(30)は、セリエAでも「日本代表での立ち位置」そのままだった。

 20日(日本時間午前4時45分キックオフ)、同じミラノ市を本拠にするミランとインテルが対戦した。本田、長友は2人ともベンチスタート。長友は1─2で迎えた65分に投入され、エネルギッシュなプレーを披露してチームをもり立て、アディショナルタイムの劇的同点ゴールを引き出す原動力のひとりとなった。

 対照的だったのが、今季「3試合・計81分」しかプレーしていない本田である。そもそもサブ降格の本田が、欧州屈指の注目カードであるミラノダービーに出番が回ってくる可能性は限りなく低く、想定通りにベンチウオーマーに終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る