首脳陣の狙いは移籍金 ミラン本田12月から始まる“品評会”

公開日:

 ロシアW杯予選の前半戦最後のサウジアラビア戦(15日)の後、欧州組は所属クラブに戻って週末のリーグ戦で存在をアピール……と言いたいところだが、サウジ戦の先発から外れたミランFW本田圭佑(30)とフル出場したインテルDF長友佑都(30)は、セリエAでも「日本代表での立ち位置」そのままだった。

 20日(日本時間午前4時45分キックオフ)、同じミラノ市を本拠にするミランとインテルが対戦した。本田、長友は2人ともベンチスタート。長友は1─2で迎えた65分に投入され、エネルギッシュなプレーを披露してチームをもり立て、アディショナルタイムの劇的同点ゴールを引き出す原動力のひとりとなった。

 対照的だったのが、今季「3試合・計81分」しかプレーしていない本田である。そもそもサブ降格の本田が、欧州屈指の注目カードであるミラノダービーに出番が回ってくる可能性は限りなく低く、想定通りにベンチウオーマーに終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る