槙野PK献上で大損失 クラブW杯逃した浦和の“減収”いくら

公開日: 更新日:

 J1王者を決めるチャンピオンシップ第2戦の79分、クリアミスから鹿島若手FWの突破を許した揚げ句、ペナルティーエリア内で背後から倒してしまい、決勝点となるPKを献上した浦和DF槙野智章(29)に対して「日本代表とは思えない大ミスを犯し、浦和のJ1王者とクラブW杯出場をダメにした。“損害賠償として”20億円ほど支払ってもらおう」と大ブーイングである。

 まずは、浦和が8日に開幕するクラブW杯に出場していたら――。

 8日、横浜国際でJ1王者の鹿島とオセアニア地区王者のオークランドシティー(ニュージーランド)が対戦する。J屈指の観客動員力を誇る浦和が出場していたら、鹿島よりも1万人の動員増につながって「チケット代の平均が5000円(カテゴリー1が8000円~同4が2000円)。計5000万円の入場料収入アップ」となった。第2ラウンド、準決勝と勝ち上がって18日の決勝で欧州代表のレアル・マドリード(スペイン)とぶつかったら、決勝のチケット代は平均2万3000円(カテゴリー1が4万円~同4が1万円)なので浦和敗退で2億3000万円がフイになり、4試合で計3億8000万円の“減収”となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    アフターコロナは「年金は今すぐ受け取るべき」が新常識に

  10. 9

    なぜ嫌中・嫌韓の人たちは他国を貶めることに注力するのか

  11. 10

    元サッカー日本代表・大野俊三さん 第2の人生は波乱万丈

もっと見る