岡山とC大阪で最後のひと枠争い Jの待遇差“天国と地獄”

公開日:

 J1昇格プレーオフが27日にスタートした。

 来季J1には今季J2の首位・札幌と2位・清水が自動昇格。今季3位だった松本が6位の岡山と、4位だったC大阪と5位の京都がこの日の準決勝を戦い、12月4日に行われる決勝に進出して最後の昇格枠を争う。

 地元に岡山を迎え撃った松本は前半23分に先制されたが、成績上位チームは「引き分けでも決勝進出」のルールがある。

 後半29分、松本は左CKからMFパウリーニョが同点ゴール。残り16分、岡山の攻撃をしのげば決勝進出だ。アディショナルタイムも半分の2分が経過した。そこで岡山FW赤嶺に逆転弾を押し込まれ、プレーオフ進出ギリギリの6位だった岡山の決勝進出が決まった。

 C大阪は序盤に元日本代表FW柿谷が先制ゴール。終了間際に同点に追い付かれたが、1-1のスコアで逃げ切って決勝にコマを進めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る