日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

じん帯再建手術も 受難続きの竹内智香はスノボW杯で6位

 スノーボードW杯女子パラレル大回転の今季初戦が15日にイタリア・カレッツァで行われ、14年ソチ五輪銀メダルの竹内智香(32)は41人中6位に終わった。

 選手2人がそれぞれのコースを同時に滑ってタイムを競うこの種目。竹内は決勝トーナメントの準々決勝まで駒を進めたが、ソチ五輪パラレル回転金メダルのユリア・デュモヴィッツ(30=オーストリア)に敗れて4強入りを逃した。竹内は準々決勝で敗退した4人の中で予選タイムが2番目だったため、最終順位で6位に入った。

 今年の竹内は受難続きだ。3月のレースでは左膝十字靱帯を断裂して再建手術を受けた。懸命なリハビリの甲斐もあって開幕には間に合ったが、今月に入って未成年の選手による大麻使用や飲酒などの不祥事で、9日から竹内を含むスノーボードの全強化指定選手が活動休止を強いられた。全日本スキー連盟が定める行動規範に違反していなかった竹内ら一部選手は13日に活動再開を認められたが、開幕にむけた最後の調整に影響したのは間違いない。

 竹内は完全復活を目指す来年の世界選手権に間に合うか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事