絶好調の高梨沙羅W杯V4に難敵…元女王“サラ”に復調気配

公開日:  更新日:

「(記録は更新しても)男子とは土俵が違う。おごらずにやるべきことをやっていきたい」――。

 今季のW杯で開幕から2連勝するなど好スタートを切ったノルディックスキー女子ジャンプの高梨沙羅(20)が13日、欧州遠征から帰国。11日のロシア大会でW杯通算47勝目をマークし、男子の「鳥人」ことマッチ・ニッカネン(フィンランド)の46勝を抜いて歴代2位に浮上したことに、「世界のトップ選手と比べていただいてありがたい。モチベーションになる」と笑顔で話した。

 11月に行った欧州での事前合宿では跳躍の練習と並行して体幹トレにも励んだ。高梨は好調の要因を、「体のバランスが整っているので、テークオフ(離陸)してからテレマーク(着地)までしっかりと入れている」と自己分析し、年明け7日から再開するW杯に向け「去年よりはいい出来で入れたので、もっと調子を上げていけると思う」と手応えを口にした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る