• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

絶好調の高梨沙羅W杯V4に難敵…元女王“サラ”に復調気配

「(記録は更新しても)男子とは土俵が違う。おごらずにやるべきことをやっていきたい」――。

 今季のW杯で開幕から2連勝するなど好スタートを切ったノルディックスキー女子ジャンプの高梨沙羅(20)が13日、欧州遠征から帰国。11日のロシア大会でW杯通算47勝目をマークし、男子の「鳥人」ことマッチ・ニッカネン(フィンランド)の46勝を抜いて歴代2位に浮上したことに、「世界のトップ選手と比べていただいてありがたい。モチベーションになる」と笑顔で話した。

 11月に行った欧州での事前合宿では跳躍の練習と並行して体幹トレにも励んだ。高梨は好調の要因を、「体のバランスが整っているので、テークオフ(離陸)してからテレマーク(着地)までしっかりと入れている」と自己分析し、年明け7日から再開するW杯に向け「去年よりはいい出来で入れたので、もっと調子を上げていけると思う」と手応えを口にした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る