日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

絶好調の高梨沙羅W杯V4に難敵…元女王“サラ”に復調気配

「(記録は更新しても)男子とは土俵が違う。おごらずにやるべきことをやっていきたい」――。

 今季のW杯で開幕から2連勝するなど好スタートを切ったノルディックスキー女子ジャンプの高梨沙羅(20)が13日、欧州遠征から帰国。11日のロシア大会でW杯通算47勝目をマークし、男子の「鳥人」ことマッチ・ニッカネン(フィンランド)の46勝を抜いて歴代2位に浮上したことに、「世界のトップ選手と比べていただいてありがたい。モチベーションになる」と笑顔で話した。

 11月に行った欧州での事前合宿では跳躍の練習と並行して体幹トレにも励んだ。高梨は好調の要因を、「体のバランスが整っているので、テークオフ(離陸)してからテレマーク(着地)までしっかりと入れている」と自己分析し、年明け7日から再開するW杯に向け「去年よりはいい出来で入れたので、もっと調子を上げていけると思う」と手応えを口にした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事