• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

羽生結弦が自虐? 94年世代アスリートで「実力一番下」

 先のGPファイナルで男女通じて初の4連覇を果たした男子フィギュアスケートの羽生結弦(22)が凱旋帰国。前人未到の偉業を成し遂げながらも、会見では「実力的には自分が一番低い」と自虐とも取れる発言が飛び出した。

 今年は同世代のアスリートの活躍が目立ち、プロ野球では二刀流の日本ハム・大谷翔平が史上最速の165キロをマーク。リオ五輪の競泳男子400メートル個人メドレーでは萩野公介が金、瀬戸大也が銅を獲得した。同じ1994年生まれの選手が各競技で結果を残したことに、「この活躍は凄い。頼もしいし、僕もこの世代で誇らしい」と話した羽生。

 今年1月の表彰式で顔を合わせた大谷が94年生まれのアスリートは「羽生世代だと思っている」と発言したことを振り返り、「実力的には自分が一番、低いと思っている」と言ったのだ。

 自身もGPファイナル4連覇、ソチ五輪金メダル、世界選手権優勝と結果を残しているにもかかわらず、「(大谷は)165キロ出したり、(萩野や瀬戸は)世界記録を狙っている。僕も負けないようにしたい」と最後まで謙遜していた。

 GPファイナルはSPで今季最高の106.53をマークし首位に立ちながら、フリーはミスが続出し187.37で3位。4回転ジャンプなどの大技の精度、演技のデキもイマイチだっただけに、完璧主義者の羽生にとって「今回は優勝したけど悔しかった」という思いが強いようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る