羽生結弦が自虐? 94年世代アスリートで「実力一番下」

公開日: 更新日:

 先のGPファイナルで男女通じて初の4連覇を果たした男子フィギュアスケート羽生結弦(22)が凱旋帰国。前人未到の偉業を成し遂げながらも、会見では「実力的には自分が一番低い」と自虐とも取れる発言が飛び出した。

 今年は同世代のアスリートの活躍が目立ち、プロ野球では二刀流の日本ハム大谷翔平が史上最速の165キロをマーク。リオ五輪の競泳男子400メートル個人メドレーでは萩野公介が金、瀬戸大也が銅を獲得した。同じ1994年生まれの選手が各競技で結果を残したことに、「この活躍は凄い。頼もしいし、僕もこの世代で誇らしい」と話した羽生。

 今年1月の表彰式で顔を合わせた大谷が94年生まれのアスリートは「羽生世代だと思っている」と発言したことを振り返り、「実力的には自分が一番、低いと思っている」と言ったのだ。

 自身もGPファイナル4連覇、ソチ五輪金メダル、世界選手権優勝と結果を残しているにもかかわらず、「(大谷は)165キロ出したり、(萩野や瀬戸は)世界記録を狙っている。僕も負けないようにしたい」と最後まで謙遜していた。

 GPファイナルはSPで今季最高の106.53をマークし首位に立ちながら、フリーはミスが続出し187.37で3位。4回転ジャンプなどの大技の精度、演技のデキもイマイチだっただけに、完璧主義者の羽生にとって「今回は優勝したけど悔しかった」という思いが強いようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る