日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

海外での活躍誓う賞金王・池田勇太に数々の“苦戦データ”

「来年は日本だけでなく、メジャーや海外で活躍する姿を見てもらいたい」

 世界ランク34位まで上昇して来年のメジャー初戦マスターズと、日本ツアー賞金王資格で全英オープン出場が当確の池田勇太(30)だ。

 現在のランクをキープすれば全米オープンや世界ゴルフ選手権シリーズにも出場できるなど海外へチャレンジする機会が増える。

 池田のこれまでのメジャー戦績は、4大会合わせて12回出場して最高位は2010年大会のマスターズ29位。予選落ちは半分の6回と苦戦している。今年は全米オープン予選落ち、全英オープン72位、全米プロ33位だった。

 ちなみに日本ツアーでの部門成績をみればドライバー飛距離は282.81ヤード.28位だが、米ツアーランクでは180位相当。平均ストローク69・62は国内首位だが米では17位相当、日本で1位の平均パット数1.7249も米では75位相当になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事