中日・落合GM「巨人入り」説も 由伸監督の参謀役に待望論

公開日: 更新日:

 あながち、なくはない話だ。今度は巨人のチーム関係者がこう言った。

「落合を引っ張り出すなら、フロントじゃなくて現場でしょう。来年2年目を迎える高橋由伸監督の参謀役として、1年後にヘッドコーチとして招聘するというのはアリ。今の村田真ヘッドは、高橋監督たっての希望ということと、人柄の良さで残留したものの、来年もV逸なら、さすがに監督と仲良しという理由だけでは残れない。今のベンチは参謀不在。経験が浅い高橋監督を支える『名参謀』が求められていて、水面下で適任者を探している。8年も監督をやった落合が受諾するかは別として、作戦を含めたチームを勝たせる実務力が、今の巨人の首脳陣に最も求められている能力だからね」

 落合GMは自著で「メジャーで通用するのは、高橋由伸、イチロー前田智徳」と語っている。巨人では入れ違いで一緒にプレーしたことはないものの、自身も現役時代は天才といわれた落合GMが、打撃技術を認めた数少ない選手。それが高橋監督なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る