日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高知入り目前 “555発男”ラミレスは指導者としても超一流

 すでに独立リーグ・四国アイランドリーグの高知と契約合意間近と伝えられているメジャー通算555本塁打のマニー・ラミレス(44)。

 23日にはフリアナ夫人が自身のSNSで夫の打撃練習の様子を公開。現在はノースカロライナ州の施設で練習しており、「今は打撃フォームの調整中。(現役復帰に向けて)常に研究を怠らず、トレーニングに励んでいる」と記されている。

 日本の独立リーグ関係者によると、ラミレス側は高知だけでなく、四国とは別のBCリーグの球団にも売り込みを図っていたという。

 往時の実力が健在かどうかはともかく、ラミレスの入団が実現すれば、話題性は抜群。地域密着型で運営する独立リーグを賑わせ、集客を見込めそうだが、それ以上に期待できそうなのが指導者としての手腕だ。

 現役時代は自由奔放な振る舞いで知られたが、メジャー晩年は一変。若手の指導係として尽力した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事