高知入り目前 “555発男”ラミレスは指導者としても超一流

公開日: 更新日:

 すでに独立リーグ・四国アイランドリーグの高知と契約合意間近と伝えられているメジャー通算555本塁打のマニー・ラミレス(44)。

 23日にはフリアナ夫人が自身のSNSで夫の打撃練習の様子を公開。現在はノースカロライナ州の施設で練習しており、「今は打撃フォームの調整中。(現役復帰に向けて)常に研究を怠らず、トレーニングに励んでいる」と記されている。

 日本の独立リーグ関係者によると、ラミレス側は高知だけでなく、四国とは別のBCリーグの球団にも売り込みを図っていたという。

 往時の実力が健在かどうかはともかく、ラミレスの入団が実現すれば、話題性は抜群。地域密着型で運営する独立リーグを賑わせ、集客を見込めそうだが、それ以上に期待できそうなのが指導者としての手腕だ。

 現役時代は自由奔放な振る舞いで知られたが、メジャー晩年は一変。若手の指導係として尽力した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る