日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベイ新助っ人右腕ウィーランドは山口の穴を埋められるか

 数字だけでは分からない。

 DeNAは7日、今季、マリナーズなどでプレーしたジョー・ウィーランド投手(26)の獲得を発表。188センチ・93キロの右腕と1年契約で年俸は9000万円だ。

 ウィーランドは08年ドラフト4巡目でレンジャーズ入り。メジャー通算12試合に登板し1勝6敗、防御率6・32という成績を残した。今季はマリナーズ3Aで26試合に登板(先発24試合)。14勝(6敗)を挙げ、防御率5・43だった。DeNAは今オフ、今季11勝(5敗・防御率2・86)した山口のFA移籍が確実視されている。この助っ人で山口の穴は埋まるのか。スポーツライターの友成那智氏がこういう。

「球速は平均146キロ。縦のカーブとチェンジアップが武器です。今季の与四球率(9回を投げたと仮定した場合の平均四球数)は2.82。昨年も1.98ですから制球は悪くない。しかし、被打率は左.277に対し、右.323。スライダーがないので右打者によく打たれている。ボール球が先行した時の被打率も.382と高い。ストライクを取りにいく速球を狙われるケースが多いのです。今季は4月は不調でしたが、5月から調子を上げて14勝した。防御率が5点台なのは、13回3分の1を投げた4月が17.31だったからです。5月から8月までの防御率は3.67に落ち着いた。2ケタ勝ちは厳しいかもしれないが、練習熱心で探究心も旺盛。コーチによく質問する選手です。性格は日本向きですから、コーチの指導でスライダーを覚えたり、落ちる変化球を習得すれば面白いかもしれません」

 ファンは大化けに期待しよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事