本当なの? マニー・ラミレス「高知入り」報道で球団困惑

公開日:  更新日:

 報道を知って、マユにツバをつけた人もいるのではないか。

 2日、一部スポーツ紙が報じたマニー・ラミレス(44)の独立リーグ入り。四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグスに自ら売り込んできたという。

 ラミレスといえばインディアンスやレッドソックスで活躍し、メジャー通算555本塁打、1831打点をマークしたかつてのスーパースター。選手としては半ば引退状態で、今季はカブスの打撃コンサルタントを務めていた。報道によれば、「コーチではなく選手契約」とのことだが、本当に入団するのか。

 高知ファイティングドッグスの球団事務所に問い合わせると、困惑気味にこう言った。

「報道に出ている通り、先方の代理人から先週くらい(スポーツ紙の記事では11月22日)に連絡があったのは事実です。ただ、まだ詳細な交渉をしているわけではありません。あくまで代理人から話があっただけで、ラミレス選手本人がどこまで本気か分かりませんから。まだ決まった話ではないので……」(担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る