日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アルペンでソチ銅 5カ国語操るララ・グートの驚異の稼ぎ

 14年ソチ五輪銅メダリスト、スイスのララ・グート(25)が虎視眈々とアルペン女王のイスを狙っている。

 今季W杯11戦で3度の優勝を含む5度の表彰台でW杯ランキング2位(3日現在)。W杯通算最多47勝をマークするリンゼイ・ボンが故障で出遅れていることもあり、初の総合優勝に期待がかかる。

 14歳でアルペンスキーのプロに転向。年間を通じて遠征や合宿などで海外を転々とするため、高校は通信過程を修了した。多くの外国人コーチから指導を受けたこともあり、語学に堪能で、5カ国語(英、仏、独、西、伊)を操るマルチリンガルだ。

 ボンにも引けを取らない美貌の持ち主だが、収入でも負けてない。グートはスポーツ用品、自動車メーカーら計7社とスポンサー契約を交わしており、欧州メディアによると、昨年は賞金以外で約250万ドル(約2億9000万円)の収入があったという。女子スキーヤーの最高給取りといわれるボンの300万ドル(約3億5000万円)に次ぐ稼ぎとみられる。

 今季総合優勝を果たせば、欧米での注目度がさらに増し、これまで以上にスポンサー企業が集まりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事