高梨沙羅の“強力ライバル” ザイフリーツベルガーが復調

公開日: 更新日:

 欧州を代表する女子ジャンパーで、W杯女王高梨沙羅(20)の強力なライバルのひとりがオーストリア代表のジャクリーン・ザイフリーツベルガー(25)だ。

 オーバーエスターライヒ州の山岳地帯で生まれ育ち、4歳でジャンプを始めるとめきめきと頭角を現した。13歳でナショナルチームに初選出され、04年7月にはW杯の下部大会に位置付けられるコンチネンタルカップ(米国)で代表デビュー。06年3月の同蔵王大会で初めて表彰台に立ち、08年のジュニア世界選手権を制するなど、順調に結果を残してきた。

 シニア転向後はW杯を主戦場とし、12-13年シーズンは総合4位に入った。女子ジャンプが五輪正式種目に採用された14年ソチ大会では、銀メダルを獲得したダニエラ・イラシュコ・シュトルツ(33)とともにメダル、上位入賞を期待されたが、前年12月の練習中、着地に失敗して右膝の靱帯断裂の重傷を負ってスタート台にすら立てなかった。

 昨季のW杯札幌大会で3位に入り、3シーズンぶりの表彰台で完全復活をアピール。今季もW杯の得点ランキングで4位(215点)に付けている

 今後も高梨を脅かすに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    統計不正“火付け役”は首相別荘BBQでも火おこし役の腰巾着

もっと見る