すでに満身創痍…日馬富士が2日連続で“金星配給”の謎解き

公開日: 更新日:

 3日目にして早くも2敗目を喫した横綱日馬富士(32)。2日目の御嶽海に続いてこの日は松鳳山と、2日連続で金星を配給した。

 支度部屋では「うーん……」「ハァ……」とタメ息を連発。「まだ12日間残ってますから」と記者に励まされ、「そうですね」と笑顔を見せる始末だった。

 松鳳山の素早い相撲に攻め立てられ、不用意な小手投げで自滅。中継の解説を務めた師匠の伊勢ケ浜親方は「すぐ投げにいってしまう」と苦言を呈していたが、それも無理はない。幕内の平均体重が161.5キロという時代にあって、日馬富士は幕内で3番目に軽い137キロだ。

「軽量力士が毎度、がっぷり四つの相撲を取っていたら、すぐに故障してしまいますよ。あの体格で、12年から絶対に負け越せない横綱を張っているわけで、すでに満身創痍。両ヒジ、両足首、両ヒザに故障を抱えています。もっとも幕内優勝8回は、過去の横綱と比べてもひけを取らない。むしろ、ここまでよく頑張ったといえる」(ある親方)

 引退は刻一刻と近づいている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  4. 4

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  5. 5

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る