日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

杉内が秋季C参加 巨人由伸監督に課せられる“見極め”仕事

 巨人は1日、5日から18日まで宮崎市で行う秋季キャンプのメンバーを発表した。若手主体で28人。30歳以上では故障からの復活を目指す杉内俊哉(36)がただ一人参加することになった。

 15年10月に右股関節の形成手術を受けた杉内は当初、今季の後半戦から復帰する青写真を描いていたが、8月終わりの二軍戦で炎上。一軍昇格は見送られた。この時の球速は130キロ出るか出ないか。「まだ直球がねえ……」と本人が思う一軍レベルには程遠く、ここから直球の質を取り戻すトレーニングに時間を費やしていた。

 ソフトバンクから巨人へFA移籍した際の年俸5億円の4年契約が終了し、今季は大減俸の5000万円。来年復活しなければ、年齢的にもジ・エンドだ。球界には前例のない大手術からの復帰。若手ばかりのメンバーの中に、このキャリアのベテランが交じるのは異例中の異例だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事