酔ったジャンボ尾崎の一言で…JGTO会長“交代劇”の裏側

公開日: 更新日:

 今年3月に男子ツアーを主管する日本ゴルフツアー機構(JGTO)の“顔”が代わった。海老沢勝二会長(82)が退任して、日本人初の米ツアー優勝やツアー51勝の青木功(74)が新会長に就き新体制がスタートした。

 海老沢氏は2012年にJGTO会長に就いたが、4年間に試合数を増やすことができず、男子ツアーの人気を取り戻すこともできなかった。そして選手会から「何もしなかった会長」というレッテルを貼られて辞任に追いやられてしまったのだ。

 その交代劇の裏に尾崎将司(69)が絡んでいた。

「実は昨年暮れに海老沢会長と青木、尾崎ら有力選手の食事会があったのです。そこで酔った勢いで尾崎が海老沢さんに向かって“もういいんじゃないか”と引退を迫ったのです。その情報が選手会に伝わり、一致団結して“海老沢ノー”を突きつける下地が整ったのです」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

もっと見る