酔ったジャンボ尾崎の一言で…JGTO会長“交代劇”の裏側

公開日: 更新日:

 今年3月に男子ツアーを主管する日本ゴルフツアー機構(JGTO)の“顔”が代わった。海老沢勝二会長(82)が退任して、日本人初の米ツアー優勝やツアー51勝の青木功(74)が新会長に就き新体制がスタートした。

 海老沢氏は2012年にJGTO会長に就いたが、4年間に試合数を増やすことができず、男子ツアーの人気を取り戻すこともできなかった。そして選手会から「何もしなかった会長」というレッテルを貼られて辞任に追いやられてしまったのだ。

 その交代劇の裏に尾崎将司(69)が絡んでいた。

「実は昨年暮れに海老沢会長と青木、尾崎ら有力選手の食事会があったのです。そこで酔った勢いで尾崎が海老沢さんに向かって“もういいんじゃないか”と引退を迫ったのです。その情報が選手会に伝わり、一致団結して“海老沢ノー”を突きつける下地が整ったのです」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    “キュン”の達人 星野源×綾野剛ドラマは「恋つづ」超えるか

  4. 4

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  5. 5

    シューズの神様・三村仁司氏「必要なのは“厚底”ではない」

  6. 6

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  7. 7

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  8. 8

    美女ファイターだった好川菜々さんは元王者の夫とジム運営

  9. 9

    二世、アイドル、タレント出身…TV局新人アナ誰が化ける?

  10. 10

    東京五輪冷静に考えるべき 引き返せないだけのお祭り騒ぎ

もっと見る