• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季限りで退団も 後がない燕バレはWBCへ“本気モード”

「ここ2~3年で状態は一番いい」

 ヤクルトキャンプ2日目、バレンティン(32)がサラリとこう言った。

 3月のWBCでオランダ代表に選出された大砲助っ人はこの日、フリー打撃で快音を連発。2次ラウンドで対戦する可能性がある日本について、「チームとしてやっつけたい」と意気込んだ。真中監督も「いつもより仕上がりが早い。練習試合の最初の2試合は指名打者で使う。オランダ代表では右翼を守るらしいので練習としてやらせてあげたい」とバックアップを約束した。

 13年のWBCは大会期間中に左内転筋肉離れを発症し、本来の力は発揮できなかったが、シーズンでは日本新記録となる60本塁打を放っているだけに、今季の活躍を期待するムキも少なくない。

 バレにとって今季は勝負の年だ。昨季は31本塁打を放ったものの、故障や緩慢な守備でチームの足を引っ張る場面が目立ち、球団内では自由契約も検討されたといわれている。FAでの獲得調査を進めていた同じ外野手の平田(中日)が残留したことなどもあり、1年契約の3億6000万円で再契約に至ったものの、チーム内での立場を考えれば、決して左うちわではいられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る