巨人クルーズ懲罰抹消の余波 “同タイプ”のバレ取り消滅も

公開日:  更新日:

 巨人が3日にルイス・クルーズ(32)を懲罰抹消した波紋が広がっている。クルーズは4日、ジャイアンツ球場での二軍練習に現れ、「チーム事情と言われたから従うだけ」と報道陣に対応。関係者によると、「退団も」との報道が出たため、「オレはクビになるのか?」と焦っていたというから、来年も巨人でやる気はあるようだ。

 春先に痛めた左足首の故障を理由に、度重なる怠慢プレーや不真面目な練習態度など素行不良ぶりが問題視されていた。我慢に我慢を重ねた首脳陣の堪忍袋の緒が切れたのが3日だったのだ。巨人OBの評論家・高橋善正氏がこう言う。

「球団にも責任がある。最近は性格を重視して外国人を獲得しているというが、クルーズはロッテ時代(8500万円)から年俸が3倍に跳ね上がって(2億4000万円)の2年契約。ロッテでは2割3分台から5分台。獲得時に球団の幹部が『適正価格』と言っていたそうだけど、とてもそうは思えない。チームが変わっただけで給料3倍の2年間保障。増長する方が自然だと思いますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る