野球より釣り? ソフトB「城島臨時コーチ」断念の波紋

公開日:  更新日:

 漁師を陸に上げることは、かなわなかった。

 ソフトバンクが今キャンプの目玉と考えていた、球団OBの城島健司氏(40)の臨時コーチ招聘プラン。しかし、本人にその気がなかったのか、断念した模様だ。

 近年、ソフトバンクは捕手陣が高齢化。細川(37)が楽天に移籍したとはいえ、残る主力捕手の鶴岡と高谷は、いずれも35歳。次代を担うといわれていた斐紹(24)や拓也(24)ら、若手は伸び悩んでいる。

 日本代表の正捕手を務めたこともある城島氏なら、捕手育成にうってつけ。ネックとされていたのは本人のやる気だ。12年に阪神で引退してからというもの、趣味の釣りとゴルフ三昧。地元テレビ局でも、それぞれの冠番組を持っている。特に釣りは趣味の範疇を超えており、漁師さながらのライフサイクルとなっているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る