野球より釣り? ソフトB「城島臨時コーチ」断念の波紋

公開日:  更新日:

 漁師を陸に上げることは、かなわなかった。

 ソフトバンクが今キャンプの目玉と考えていた、球団OBの城島健司氏(40)の臨時コーチ招聘プラン。しかし、本人にその気がなかったのか、断念した模様だ。

 近年、ソフトバンクは捕手陣が高齢化。細川(37)が楽天に移籍したとはいえ、残る主力捕手の鶴岡と高谷は、いずれも35歳。次代を担うといわれていた斐紹(24)や拓也(24)ら、若手は伸び悩んでいる。

 日本代表の正捕手を務めたこともある城島氏なら、捕手育成にうってつけ。ネックとされていたのは本人のやる気だ。12年に阪神で引退してからというもの、趣味の釣りとゴルフ三昧。地元テレビ局でも、それぞれの冠番組を持っている。特に釣りは趣味の範疇を超えており、漁師さながらのライフサイクルとなっているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

もっと見る