• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

野球より釣り? ソフトB「城島臨時コーチ」断念の波紋

 漁師を陸に上げることは、かなわなかった。

 ソフトバンクが今キャンプの目玉と考えていた、球団OBの城島健司氏(40)の臨時コーチ招聘プラン。しかし、本人にその気がなかったのか、断念した模様だ。

 近年、ソフトバンクは捕手陣が高齢化。細川(37)が楽天に移籍したとはいえ、残る主力捕手の鶴岡と高谷は、いずれも35歳。次代を担うといわれていた斐紹(24)や拓也(24)ら、若手は伸び悩んでいる。

 日本代表の正捕手を務めたこともある城島氏なら、捕手育成にうってつけ。ネックとされていたのは本人のやる気だ。12年に阪神で引退してからというもの、趣味の釣りとゴルフ三昧。地元テレビ局でも、それぞれの冠番組を持っている。特に釣りは趣味の範疇を超えており、漁師さながらのライフサイクルとなっているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る