日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

右肩に強い張りで離脱…西武ドラ1今井を壊した“真犯人”

 昨夏の甲子園の優勝投手で、ドラフト1位ルーキーの今井達也(作新学院)が、キャンプ3日目にして早くもリタイアした。

 西武は3日、右肩に強い張りのある今井がキャンプを離脱、4日に都内の病院で検査を受けると発表した。

「本人が、肩の張りが取れないのは初めてだと言っている」とは辻監督。検査後は高知の二軍キャンプに合流することになった。

 今井は昨夏の甲子園で計616球を投げ、直後に台湾で行われたU-18でもエースとして優勝に貢献。さらに10月の国体にも登板している。

「今井の肩肘はU-18のあたりから限界だったといいます。腕が上がらず、横振りになっていましたからね。ファームでじっくりと下半身を鍛えるまでは投げさせるべきじゃなかったのに、首脳陣はブレーキを踏むどころか、早々とキャンプの一軍帯同を決めた。本人は無理を押してでも、ペースを上げざるを得なかったのでしょう。自主トレ後半のキャッチボールからしてヒドいもの。痛々しくて見てられませんでしたから」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事