右肩に強い張りで離脱…西武ドラ1今井を壊した“真犯人”

公開日:  更新日:

 昨夏の甲子園の優勝投手で、ドラフト1位ルーキーの今井達也(作新学院)が、キャンプ3日目にして早くもリタイアした。

 西武は3日、右肩に強い張りのある今井がキャンプを離脱、4日に都内の病院で検査を受けると発表した。

「本人が、肩の張りが取れないのは初めてだと言っている」とは辻監督。検査後は高知の二軍キャンプに合流することになった。

 今井は昨夏の甲子園で計616球を投げ、直後に台湾で行われたU-18でもエースとして優勝に貢献。さらに10月の国体にも登板している。

「今井の肩肘はU-18のあたりから限界だったといいます。腕が上がらず、横振りになっていましたからね。ファームでじっくりと下半身を鍛えるまでは投げさせるべきじゃなかったのに、首脳陣はブレーキを踏むどころか、早々とキャンプの一軍帯同を決めた。本人は無理を押してでも、ペースを上げざるを得なかったのでしょう。自主トレ後半のキャッチボールからしてヒドいもの。痛々しくて見てられませんでしたから」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る