• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

右肩に強い張りで離脱…西武ドラ1今井を壊した“真犯人”

 昨夏の甲子園の優勝投手で、ドラフト1位ルーキーの今井達也(作新学院)が、キャンプ3日目にして早くもリタイアした。

 西武は3日、右肩に強い張りのある今井がキャンプを離脱、4日に都内の病院で検査を受けると発表した。

「本人が、肩の張りが取れないのは初めてだと言っている」とは辻監督。検査後は高知の二軍キャンプに合流することになった。

 今井は昨夏の甲子園で計616球を投げ、直後に台湾で行われたU-18でもエースとして優勝に貢献。さらに10月の国体にも登板している。

「今井の肩肘はU-18のあたりから限界だったといいます。腕が上がらず、横振りになっていましたからね。ファームでじっくりと下半身を鍛えるまでは投げさせるべきじゃなかったのに、首脳陣はブレーキを踏むどころか、早々とキャンプの一軍帯同を決めた。本人は無理を押してでも、ペースを上げざるを得なかったのでしょう。自主トレ後半のキャッチボールからしてヒドいもの。痛々しくて見てられませんでしたから」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る