• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西武ドラ1今井 キャンプ“A班”始動に首脳陣が込めた願い

「気を引き締めてやる。何か一つでも勉強できればいい」

 西武のドラ1・今井達也(18、作新学院)が、キャンプ地の宮崎でこう話した。

 昨夏の甲子園優勝投手という実績を引っ提げてのプロ入り。キャンプも当初は育成メーンのB班スタート予定だったが、辻新監督の意向で主力が揃うA班で始動することになった。

 西武は今オフ、エースの岸が楽天に移籍。昨季は9勝止まりだったものの、過去10年間で103勝(65敗)と活躍したエース右腕がいなくなった。ぽっかりあいた穴を埋めなければ、優勝争いどころではない。

 過去には楽天の田中(現ヤンキース)、西武でも松坂(現ソフトバンク)のように、高卒1年目から先発ローテでバリバリ投げた選手もいる。今井が田中や松坂ほど活躍できるとは誰も思っていないだろうが、「あわよくば一軍で……」というのが、首脳陣のホンネじゃないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る