西武ドラ1今井 キャンプ“A班”始動に首脳陣が込めた願い

公開日:  更新日:

「気を引き締めてやる。何か一つでも勉強できればいい」

 西武のドラ1・今井達也(18、作新学院)が、キャンプ地の宮崎でこう話した。

 昨夏の甲子園優勝投手という実績を引っ提げてのプロ入り。キャンプも当初は育成メーンのB班スタート予定だったが、辻新監督の意向で主力が揃うA班で始動することになった。

 西武は今オフ、エースの岸が楽天に移籍。昨季は9勝止まりだったものの、過去10年間で103勝(65敗)と活躍したエース右腕がいなくなった。ぽっかりあいた穴を埋めなければ、優勝争いどころではない。

 過去には楽天の田中(現ヤンキース)、西武でも松坂(現ソフトバンク)のように、高卒1年目から先発ローテでバリバリ投げた選手もいる。今井が田中や松坂ほど活躍できるとは誰も思っていないだろうが、「あわよくば一軍で……」というのが、首脳陣のホンネじゃないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る