日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

病み上がり杉内にも依存…実は苦しい巨人の先発投手事情

 2015年10月の右股関節手術からの復活を目指し、キャンプ二軍スタートとなっていた杉内俊哉(36)が3日、2度目のブルペン投球を行った。

 スライダー、チェンジアップを交え59球。この日は休養日だった一軍の尾花投手コーチら首脳陣も駆け付けた。杉内は、「まだまだだけど、初日に比べたら上出来。尾花さんは(昨)秋(キャンプ)も見てくれた。今日は(休みのため)ゴルフに行っていると思った。ボクが投げるから見に来ていただいたなら申し訳ないです」と話した。

 杉内が言うように、一軍のコーチ陣がわざわざ休日を返上してまで視察に訪れたのは、杉内を頼りにしているからに他ならない。一軍の試合は1年以上のブランクがあるが、それでもアテにされるのは、オフに3年総額7億円でFA補強した山口俊が、右肩痛でキャンプ三軍スタートになるなど、大枚をはたいた補強選手がピリッとしないからでもある。巨人キャンプを視察している他球団スコアラーがこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事