シャンプーにもこだわり ベイ今永のキャンプ“三種の神器”

公開日:

 最近、女性以上に身だしなみに気をつかう「意識高い系男子」が増えているという。野球選手も例外ではない。DeNAの今永昇太(23)は日頃愛用しているメーカーのシャンプーをわざわざ持参している。

「『LUX(ラックス)』のシャンプーとコンディショナーを持ってきています。匂いもそうですけど、髪の毛に合っているかなと思うので。違うやつを使って髪の毛がキシキシになったり違和感があったりすると、短くても落ち着かなくて気になるんですよ」

 忘れたときは現地調達するというからこだわっている。シャンプー同様に持ち込んだ折りたたみ式のマットレス(エアウィーヴ)と家庭用ゲーム機「Wii Sports」も必需品だという。

「野球の練習した後にまた野球ゲーム。“野球漬け”のキャンプです(笑い)」

 ルーキーイヤーだった昨季から先発ローテに定着して8勝9敗。今季も先発の柱として期待されている。シャンプー、マットレス、ゲームの「三種の神器」で投手陣を引っ張る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る