• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

指揮官も信頼 ベイ筒香“マイペース調整”も慢心の不安なし

「WBCとの兼ね合いもあるので、基本的には彼の要望を聞いていきたい」

 31日、DeNAのラミレス監督(42)がこう言った。「彼」とは筒香嘉智(25)のこと。キャンプでの調整やスケジュールについて、基本的にはキャプテンでもある本人に任せるということだ。

 DeNAで唯一のWBCメンバー。チームの主砲でもあり、WBCでも中田翔(27)と4番を争う存在だ。実績からいっても調整を本人任せにするのはある意味、当然と言えば当然だが、筒香が慢心と無縁だと周囲に認知されたのは巨人・村田修一(36)との決別がきっかけだという。

 筒香は入団1年目の10年から13年オフまで、村田とともに自主トレをしていた。しかし、翌14年に「村田組」は解散。その後は、チームの後輩たちと汗を流すようになった。解散前は村田の巨人移籍後も試合で顔を合わせれば談笑していたものの、最近は挨拶程度。はた目にも距離を置いているのがわかるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る