指揮官も信頼 ベイ筒香“マイペース調整”も慢心の不安なし

公開日:  更新日:

「WBCとの兼ね合いもあるので、基本的には彼の要望を聞いていきたい」

 31日、DeNAのラミレス監督(42)がこう言った。「彼」とは筒香嘉智(25)のこと。キャンプでの調整やスケジュールについて、基本的にはキャプテンでもある本人に任せるということだ。

 DeNAで唯一のWBCメンバー。チームの主砲でもあり、WBCでも中田翔(27)と4番を争う存在だ。実績からいっても調整を本人任せにするのはある意味、当然と言えば当然だが、筒香が慢心と無縁だと周囲に認知されたのは巨人・村田修一(36)との決別がきっかけだという。

 筒香は入団1年目の10年から13年オフまで、村田とともに自主トレをしていた。しかし、翌14年に「村田組」は解散。その後は、チームの後輩たちと汗を流すようになった。解散前は村田の巨人移籍後も試合で顔を合わせれば談笑していたものの、最近は挨拶程度。はた目にも距離を置いているのがわかるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る