指揮官も信頼 ベイ筒香“マイペース調整”も慢心の不安なし

公開日: 更新日:

「WBCとの兼ね合いもあるので、基本的には彼の要望を聞いていきたい」

 31日、DeNAのラミレス監督(42)がこう言った。「彼」とは筒香嘉智(25)のこと。キャンプでの調整やスケジュールについて、基本的にはキャプテンでもある本人に任せるということだ。

 DeNAで唯一のWBCメンバー。チームの主砲でもあり、WBCでも中田翔(27)と4番を争う存在だ。実績からいっても調整を本人任せにするのはある意味、当然と言えば当然だが、筒香が慢心と無縁だと周囲に認知されたのは巨人・村田修一(36)との決別がきっかけだという。

 筒香は入団1年目の10年から13年オフまで、村田とともに自主トレをしていた。しかし、翌14年に「村田組」は解散。その後は、チームの後輩たちと汗を流すようになった。解散前は村田の巨人移籍後も試合で顔を合わせれば談笑していたものの、最近は挨拶程度。はた目にも距離を置いているのがわかるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る