マスターズ出場狙う谷原秀人 粘りのゴルフで第3R確定

公開日: 更新日:

【ISPSハンダ・ワールドスーパー6パース 2日目】

 欧州、アジア、豪州ツアー共催の新規大会「ISPSハンダ・ワールドスーパー6パース」第2日、早朝1番スタートだった谷原秀人(38)がスコアを1つ伸ばし6アンダー。第3ラウンド進出を「確定」させた。

「昨日より風が強くて、しかも真逆、練習ラウンドでもやっていない風。まあ難しかったです。それに寒いし。前半のボギー2つからよくリカバリーできて、粘れてよかったです。明日もアンダーパーを出していかないと24人の中に残れないと思うし」

 ラウンド後にこう語った谷原は、首位のB・ラムフォードには7打も離されているが、この大会はまだまだ優勝のチャンスが残されている。

 というのも試合方式が変則で、2日目を終えて上位65位タイまでの選手が3日目へ進み、54ホール終了時点の上位24人だけが、最終日に6ホールのマッチプレーで優勝を争うからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  9. 9

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  10. 10

    格差容認、中韓嫌い 安倍4選を支持する強固な3割の正体

もっと見る