ボロボロ巨人に完敗…WBC韓国代表“史上最弱”は本当か?

公開日: 更新日:

 戦力低下が著しく、金監督はマカオでの違法賭博問題で予備登録メンバーから除外されていた、元阪神守護神の呉昇桓(カージナルス)を慌てて追加招集したといわれている。

■豪州、オランダを警戒

「しかし、史上最弱というほど弱いチームではありませんよ」というのは韓国プロ野球観戦ガイドの著者・室井昌也氏だ。

「今回は1次ラウンドが地元のソウルで行われるため、前回のような1次ラウンド敗退は許されません。かつてソフトバンクや千葉ロッテに在籍した李大浩と金泰均に、今季FAでサムスンからKIAに移籍した昨季2冠(打率、打点)の崔炯宇(打率・376、31本塁打、144打点)の3人の中軸は強力です。韓国も日本も1次ラウンドを勝ち抜けば、米国で行われる準決勝、決勝進出の権利を懸けて東京での2次ラウンドで激突する。韓国はそこで、例えば左腕の梁玹種(KIA)といった、日本代表にとって見慣れない投手をぶつけるかもしれません。1次ラウンドを突破すれば、チームは勢いがつきますから、日本にとって侮れません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  5. 5

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  6. 6

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  7. 7

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  8. 8

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  9. 9

    白血病新薬にケチ…命を費用対効果で語る麻生氏に批判殺到

  10. 10

    不快。大嫌い。しかし、こやつの話からわかったこともある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る