ボロボロ巨人に完敗…WBC韓国代表“史上最弱”は本当か?

公開日: 更新日:

 1次ラウンドA組(台湾、オランダ、イスラエル)の韓国は、06年の第1回WBCでは、全7人のメジャーリーガーを招集。準決勝で日本に敗れたものの、08年北京五輪では金メダルを獲得して雪辱を果たした。09年のWBCは準優勝。決勝で日本と延長戦にもつれ込む激闘を演じた。前回大会は1次ラウンドで敗退したが、一昨年の第1回プレミア12では初代王者に。今回も日本の最大のライバルになると思ったら、韓国のファンは冷ややかだというのだ。

■飲酒運転に違法賭博選手

 実際、「韓国史上最高の打者」といわれる秋信守(レンジャーズ)に、プレミア12のMVP金賢洙(オリオールズ)が、メジャーの在籍球団から出場を認められずに大会参加を断念。昨年21本塁打の姜正浩(パイレーツ)は、ソウルでの飲酒運転による事故が問題視されて、メンバーから外された。韓国ネクセン時代に2年連続50本塁打以上を放ち、米ツインズで12本塁打の実績を持つ強打の内野手・朴炳鎬は、手首の手術で代表落ち。投手でも、強力ストッパーの李庸燦(斗山)、過去の日本戦で好投した左腕の金廣鉉(SK)、柳賢振(ドジャース)が揃って故障を理由にメンバーから漏れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  3. 3

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    流出した細川ふみえのキャバ嬢時代写真を巡って直談判に

  9. 9

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

  10. 10

    米国のファーウェイ潰し、かつて日本も同じ目に遭った

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る