侍J追加招集のホークス武田 滑るWBC球で「新球」習得中

公開日:

 右足首の故障で欠場が決まった日本ハムの大谷に代わって4日に追加招集されたが、驚きも戸惑いも「準備していたので全然なかった」と言い切るソフトバンクの武田翔太(23)。小久保監督は先発起用を明言している。縦に大きく割れるカーブが武器。WBC公式球でしか投げられないという「新球」にも挑戦中の「ラスト侍」に聞いた。

――最初の発表で名前がなかった時、ガッカリしなかった? 気持ちは切れなかった?

「事前に『予備として1番手だ』と連絡があったので、特には思いませんでした」

――小久保監督から「誰かケガしたら呼ぶぞ」と言われていた?

「キャンプ前にそう言われていました」

――大谷にメールで謝罪された。

「はい。でも頑張った結果ですし、離脱したことに関してはボクは何も思いません。こっちとしては準備していたので、何も問題はありませんし、『申し訳ないです』と言われましたけど、そう思われるものでもないというか、そんなに謝らなくてもいいのにという感じで……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

もっと見る