• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

侍J追加招集のホークス武田 滑るWBC球で「新球」習得中

 右足首の故障で欠場が決まった日本ハムの大谷に代わって4日に追加招集されたが、驚きも戸惑いも「準備していたので全然なかった」と言い切るソフトバンクの武田翔太(23)。小久保監督は先発起用を明言している。縦に大きく割れるカーブが武器。WBC公式球でしか投げられないという「新球」にも挑戦中の「ラスト侍」に聞いた。

――最初の発表で名前がなかった時、ガッカリしなかった? 気持ちは切れなかった?

「事前に『予備として1番手だ』と連絡があったので、特には思いませんでした」

――小久保監督から「誰かケガしたら呼ぶぞ」と言われていた?

「キャンプ前にそう言われていました」

――大谷にメールで謝罪された。

「はい。でも頑張った結果ですし、離脱したことに関してはボクは何も思いません。こっちとしては準備していたので、何も問題はありませんし、『申し訳ないです』と言われましたけど、そう思われるものでもないというか、そんなに謝らなくてもいいのにという感じで……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る