侍J追加招集のホークス武田 滑るWBC球で「新球」習得中

公開日: 更新日:

 右足首の故障で欠場が決まった日本ハムの大谷に代わって4日に追加招集されたが、驚きも戸惑いも「準備していたので全然なかった」と言い切るソフトバンクの武田翔太(23)。小久保監督は先発起用を明言している。縦に大きく割れるカーブが武器。WBC公式球でしか投げられないという「新球」にも挑戦中の「ラスト侍」に聞いた。

――最初の発表で名前がなかった時、ガッカリしなかった? 気持ちは切れなかった?

「事前に『予備として1番手だ』と連絡があったので、特には思いませんでした」

――小久保監督から「誰かケガしたら呼ぶぞ」と言われていた?

「キャンプ前にそう言われていました」

――大谷にメールで謝罪された。

「はい。でも頑張った結果ですし、離脱したことに関してはボクは何も思いません。こっちとしては準備していたので、何も問題はありませんし、『申し訳ないです』と言われましたけど、そう思われるものでもないというか、そんなに謝らなくてもいいのにという感じで……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る