日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

前半大叩きの原因か…27位タイ宮里藍に“腰痛再発”の兆候

【ホンダLPGAタイランド】

 宮里藍(31)の2017年シーズンがスタートした。前半のアウトは3オーバーと崩れたが、後半は4バーディー、ノーボギーと巻き返し1アンダー27位タイにつけた。

「後半に盛り返して、アンダーパーに戻せたのが良かった。腰はもうすっかり大丈夫」(宮里)

 宮里はアマチュアだった高校3年生の時にツアー優勝してプロ転向。05年まで日本ツアーでプレーした後、06年から米ツアーに参戦。すでに12年目になる。

 大型プレーヤーが多いハイレベルな舞台で、155センチという小さな体で9勝をマークし、世界ランク首位に立ったこともある。だがここ4年は未勝利だ。そこで気になるのが「腰はもう――」発言だ。

 昨秋は痛み止めを飲んでプレーしたり、腰痛で大会直前に棄権したり、別の大会では腰痛から練習ラウンドをキャンセルしたこともある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事