日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

首位タイから6位転落…宮里優作の“大失速”に評論家苦言

【レオパレス21ミャンマーオープン】

 大会2日目から首位に立つ宮里優作(36)が2年ぶりツアー4勝目か、と注目された最終日。

 前半は1バーディー、1ボギーとスコアを伸ばせずにターン。それでも首位タイに踏みとどまっていた。そして11番パー5でガードバンカーからの3打目をピンそば50センチに寄せてバーディーを決めると再び単独トップに立った。ところが13番、15番、16番とボギーが続いて失速。通算9アンダー6位に終わった。

「どんどん攻めていかなければいけないのに空回りした。昨日からショットがブレて、今日は肝心なところでパットが入らなかった」(宮里)

■日本人プロのひ弱さを露呈したアジア2連戦

 評論家の宮崎紘一氏が、「日本人プロの体たらくがよくわかった」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事