ダルがオープン戦初登板 直球とフォークのみ37球で零封

公開日: 更新日:

 開幕投手が有力視されるレンジャーズ・ダルビッシュ有(30)が26日(日本時間27日)のロイヤルズ戦にオープン戦初登板。1回3分の2を1安打無失点、2奪三振だった。

 15年のワールドチャンピオンの主力打者を相手に立ち上がりは制球に苦しんだ。先頭のゴードンこそ見逃し三振に仕留めたが、続くムスタカスに四球。2死後、4番ドジャーを再び歩かせる。得点圏に走者を背負ったが、5番ソレーアから三振を奪ってピンチを脱した。

 二回には先頭コロンに甘く入った直球を右越えに運ばれ、いきなりピンチを招く。後続2人を内野ゴロに打ち取ったところで降板した。

 この日、投じたのは直球と現在、習得を目指しているフォークボールの2種類のみ。当初の予定では2回、30球だった。予定を超える計37球を投げたが、ダルは「真っすぐがいい感じだった。ストライクを取ってもらえなくても、おしいところにいっていた」と満足そうに振り返った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る