• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ダルがオープン戦初登板 直球とフォークのみ37球で零封

 開幕投手が有力視されるレンジャーズ・ダルビッシュ有(30)が26日(日本時間27日)のロイヤルズ戦にオープン戦初登板。1回3分の2を1安打無失点、2奪三振だった。

 15年のワールドチャンピオンの主力打者を相手に立ち上がりは制球に苦しんだ。先頭のゴードンこそ見逃し三振に仕留めたが、続くムスタカスに四球。2死後、4番ドジャーを再び歩かせる。得点圏に走者を背負ったが、5番ソレーアから三振を奪ってピンチを脱した。

 二回には先頭コロンに甘く入った直球を右越えに運ばれ、いきなりピンチを招く。後続2人を内野ゴロに打ち取ったところで降板した。

 この日、投じたのは直球と現在、習得を目指しているフォークボールの2種類のみ。当初の予定では2回、30球だった。予定を超える計37球を投げたが、ダルは「真っすぐがいい感じだった。ストライクを取ってもらえなくても、おしいところにいっていた」と満足そうに振り返った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る