14年ぶり快挙 冬季アジア大会男子FSは宇野昌磨が逆転V

公開日: 更新日:

 26日、冬季アジア大会のフィギュアスケートで宇野昌磨(19)が金メダルを獲得。日本勢の金メダルは03年の本田武史(35)以来3大会ぶり、14年ぶりの快挙となった。

 宇野は試合後、「あまり良い演技ではなかったけど、最後まで攻めきってまとめたことが優勝につながった」と振り返った。その一方で「悔しい」とも話した理由は、1週間前の四大陸選手権で初めて挑んだ4回転ループの失敗。冒頭の4回転ループで転倒すると、4回転トーループでもステップアウトし、最後の3連続ジャンプでも転倒した。それでもショートプログラム2位からの逆転優勝を飾れたのは、3種類、計4度の4回転ジャンプに挑戦したからだろう。

■「4回転戦争」に本格参戦

 今の男子フィギュアでは、4回転を入れた演技構成は不可欠。しかも、単発で跳ぶだけではなく、3回転ジャンプとのコンビネーションや複数の種類の4回転ジャンプを組み込まなければ、メダル争いに参加することすら厳しいのが現状だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  5. 5

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  6. 6

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  7. 7

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  8. 8

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  9. 9

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る