14年ぶり快挙 冬季アジア大会男子FSは宇野昌磨が逆転V

公開日:  更新日:

 26日、冬季アジア大会のフィギュアスケートで宇野昌磨(19)が金メダルを獲得。日本勢の金メダルは03年の本田武史(35)以来3大会ぶり、14年ぶりの快挙となった。

 宇野は試合後、「あまり良い演技ではなかったけど、最後まで攻めきってまとめたことが優勝につながった」と振り返った。その一方で「悔しい」とも話した理由は、1週間前の四大陸選手権で初めて挑んだ4回転ループの失敗。冒頭の4回転ループで転倒すると、4回転トーループでもステップアウトし、最後の3連続ジャンプでも転倒した。それでもショートプログラム2位からの逆転優勝を飾れたのは、3種類、計4度の4回転ジャンプに挑戦したからだろう。

■「4回転戦争」に本格参戦

 今の男子フィギュアでは、4回転を入れた演技構成は不可欠。しかも、単発で跳ぶだけではなく、3回転ジャンプとのコンビネーションや複数の種類の4回転ジャンプを組み込まなければ、メダル争いに参加することすら厳しいのが現状だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る