14年ぶり快挙 冬季アジア大会男子FSは宇野昌磨が逆転V

公開日: 更新日:

 26日、冬季アジア大会のフィギュアスケートで宇野昌磨(19)が金メダルを獲得。日本勢の金メダルは03年の本田武史(35)以来3大会ぶり、14年ぶりの快挙となった。

 宇野は試合後、「あまり良い演技ではなかったけど、最後まで攻めきってまとめたことが優勝につながった」と振り返った。その一方で「悔しい」とも話した理由は、1週間前の四大陸選手権で初めて挑んだ4回転ループの失敗。冒頭の4回転ループで転倒すると、4回転トーループでもステップアウトし、最後の3連続ジャンプでも転倒した。それでもショートプログラム2位からの逆転優勝を飾れたのは、3種類、計4度の4回転ジャンプに挑戦したからだろう。

■「4回転戦争」に本格参戦

 今の男子フィギュアでは、4回転を入れた演技構成は不可欠。しかも、単発で跳ぶだけではなく、3回転ジャンプとのコンビネーションや複数の種類の4回転ジャンプを組み込まなければ、メダル争いに参加することすら厳しいのが現状だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  5. 5

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  6. 6

    新型コロナ予防の盲点を医師解説 対策は手洗い以外も必要

  7. 7

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  10. 10

    ソフトB城島氏を直撃 けむに巻いた古巣復帰を決めた理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る