台湾戦零封で評価再上昇 侍J菅野に“黒田級”の条件提示も

公開日: 更新日:

「今回の日本代表の中で米スカウトが最も注目しているのがスガノです」

 アジア地区を担当するア・リーグ球団の編成担当がこう言っている。

 1日の台湾選抜との壮行試合。先発した菅野智之(27)が危なげない投球を見せた。

 前日に日本投手陣が17安打を浴びた強力打線を相手に、4回を投げて4安打無失点。本大会1次ラウンドの球数制限65球を意識し、スライダーとワンシームを中心に打たせて取る投球に徹し、4回を58球でまとめた。直球の最速は151キロ。滑るWBC球も苦にせず、「(球数は)まずまずですね。欲を言えばもう少し少なくできた。やり残したこと? そういう段階ではない。今いるメンバーで必ず世界一になります」と力強く宣言した。

 冒頭の米球団編成担当が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  6. 6

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る