大関復帰ラストチャンス 琴奨菊は稀勢の里連覇の“最難関”

公開日: 更新日:

 9日、新横綱稀勢の里(30)が角界初となる、茨城県の県民栄誉賞を受賞した。

「横綱の名を汚さないように精進します」と話した新横綱。昔から応援してくれたファンのためにも3月場所で連覇を果たしたいところだが、ライバルは多い。

 筆頭は横綱白鵬だ。07年に昇進後、初めて4場所連続で賜杯を逃した屈辱もあり、3月場所での復権に懸けている。衰えが激しいといわれる日馬富士鶴竜の2横綱も、このままでは終われないはずだ。

■ラストチャンスに必死なのは……

 しかし、最も気をつけるべきは関脇の琴奨菊(33)だろう。カド番の1月場所で5勝10敗と負け越し、大関から陥落。とはいえ、大関には陥落直後のみ、救済措置が設けられている。

 日本相撲協会寄附行為施行細則の番附編成要領第9条にはこうある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  5. 5

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  6. 6

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る