大関復帰ラストチャンス 琴奨菊は稀勢の里連覇の“最難関”

公開日:  更新日:

 9日、新横綱稀勢の里(30)が角界初となる、茨城県の県民栄誉賞を受賞した。

「横綱の名を汚さないように精進します」と話した新横綱。昔から応援してくれたファンのためにも3月場所で連覇を果たしたいところだが、ライバルは多い。

 筆頭は横綱白鵬だ。07年に昇進後、初めて4場所連続で賜杯を逃した屈辱もあり、3月場所での復権に懸けている。衰えが激しいといわれる日馬富士、鶴竜の2横綱も、このままでは終われないはずだ。

■ラストチャンスに必死なのは……

 しかし、最も気をつけるべきは関脇の琴奨菊(33)だろう。カド番の1月場所で5勝10敗と負け越し、大関から陥落。とはいえ、大関には陥落直後のみ、救済措置が設けられている。

 日本相撲協会寄附行為施行細則の番附編成要領第9条にはこうある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る