4強体制長くない? 稀勢の里「一人横綱時代」の可能性は

公開日:

 そして誰もいなくなった――なんてことになるかもしれない。

 19年ぶりとなる和製横綱・稀勢の里(30)の誕生で、盛り上がりを見せている大相撲。モンゴル3人を含めれば、これも00年以来となる4横綱時代の幕開けとなった。

 だが、この状態が何場所続くか。かつて若貴兄弟、武蔵丸と共に4横綱を経験した曙はかねて、「4強時代が長く続くとも思えない。1強3弱か2強2弱か……。その弱に入ったら、引退が見えてくる」と話している。過去に4横綱時代は何度もあったが、年6場所になった58年以降の最長は11場所。大鵬、柏戸、佐田の山、栃ノ海がしのぎを削った60年代中盤だ。曙の時は若乃花が00年に引退し、たったの5場所しか続かなかった。

 そもそも、4横綱時代に全員が皆勤出場したことは数えるほどしかない。休場が増えれば他の横綱と比較され、「アイツは不要」というファンの声も大きくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  7. 7

    北方領土問題には触れず 日ロ首脳会談はやはり“中身ゼロ”

  8. 8

    問題山積でも突き進む…外国人労働者受け入れに専門家警鐘

  9. 9

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る