12度目防衛 山中「神の左」が握る日本ボクシング界の未来

公開日:  更新日:

 大記録まであと1つだ。

 2日、王者の山中慎介(34)が7回TKOで12度目の防衛に成功。5ラウンドに挑戦者カールソン(26)から出合い頭の右フックを浴びて「あわや」の場面もあったが、得意の左で計5度のダウンを奪った。

 世界戦連続防衛12回は国内2位の記録。1位は具志堅用高が77~80年にWBA世界ライトフライ級で打ち立てた13回だ。

 山中が所属する帝拳ジムとは別のジム関係者は「山中には頑張ってもらわないと困る」と、こう続ける。

「具志堅さんの時代は黙っていても入会者が後を絶たなかったが、それからは右肩下がり。辰吉フィーバーで一時は持ち直したものの、今は『冬の時代』です。亀田? あんなつくられたスターではジムへの入会者は増えませんよ。現在は井上(WBO世界スーパーフライ級)や井岡(WBA世界フライ級)ら他にも世界王者はいるが、存在感では山中に及ばない。今どき、ピンで世界戦を地上波放送できる王者は山中くらいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る