日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

12度目防衛 山中「神の左」が握る日本ボクシング界の未来

 大記録まであと1つだ。

 2日、王者の山中慎介(34)が7回TKOで12度目の防衛に成功。5ラウンドに挑戦者カールソン(26)から出合い頭の右フックを浴びて「あわや」の場面もあったが、得意の左で計5度のダウンを奪った。

 世界戦連続防衛12回は国内2位の記録。1位は具志堅用高が77~80年にWBA世界ライトフライ級で打ち立てた13回だ。

 山中が所属する帝拳ジムとは別のジム関係者は「山中には頑張ってもらわないと困る」と、こう続ける。

「具志堅さんの時代は黙っていても入会者が後を絶たなかったが、それからは右肩下がり。辰吉フィーバーで一時は持ち直したものの、今は『冬の時代』です。亀田? あんなつくられたスターではジムへの入会者は増えませんよ。現在は井上(WBO世界スーパーフライ級)や井岡(WBA世界フライ級)ら他にも世界王者はいるが、存在感では山中に及ばない。今どき、ピンで世界戦を地上波放送できる王者は山中くらいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事