• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女子レスリング階級刷新 伊調vs沙保里の女王対決実現か

 日本のお家芸に改革のメスが入る。

 世界レスリング連合(UWW)が20年東京五輪に向けて男女各6階級を刷新し、女子ではリオで五輪4連覇を達成した伊調馨(32)の58キロ級などが廃止されるという。

 男子はフリー、グレコローマン両スタイルの階級区分を統一(60、70、80、90、100、130)。女子は48キロ級を残し、53、58、63、69、75キロ級はそれぞれ54、60、66、72、78キロ級となる。

 UWWは今夏の総会で新階級を決定し、来年から適用する方針だ。

 男女とも重量化され、日本勢の男子は厳しい戦いを強いられそうだが、階級変更の影響は、むしろ女子の方が大きい。

 リオでの58キロ級で頂点に立った伊調は、東京で60キロ級に出場する可能性もあるが、そもそも体重は58キロに満たない。増量して60キロ級にエントリーするよりも、減量して54キロ級で出場した方がパフォーマンスは発揮しやすい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る