日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女子レスリング階級刷新 伊調vs沙保里の女王対決実現か

 日本のお家芸に改革のメスが入る。

 世界レスリング連合(UWW)が20年東京五輪に向けて男女各6階級を刷新し、女子ではリオで五輪4連覇を達成した伊調馨(32)の58キロ級などが廃止されるという。

 男子はフリー、グレコローマン両スタイルの階級区分を統一(60、70、80、90、100、130)。女子は48キロ級を残し、53、58、63、69、75キロ級はそれぞれ54、60、66、72、78キロ級となる。

 UWWは今夏の総会で新階級を決定し、来年から適用する方針だ。

 男女とも重量化され、日本勢の男子は厳しい戦いを強いられそうだが、階級変更の影響は、むしろ女子の方が大きい。

 リオでの58キロ級で頂点に立った伊調は、東京で60キロ級に出場する可能性もあるが、そもそも体重は58キロに満たない。増量して60キロ級にエントリーするよりも、減量して54キロ級で出場した方がパフォーマンスは発揮しやすい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事