女子レスリング階級刷新 伊調vs沙保里の女王対決実現か

公開日:  更新日:

 日本のお家芸に改革のメスが入る。

 世界レスリング連合(UWW)が20年東京五輪に向けて男女各6階級を刷新し、女子ではリオで五輪4連覇を達成した伊調馨(32)の58キロ級などが廃止されるという。

 男子はフリー、グレコローマン両スタイルの階級区分を統一(60、70、80、90、100、130)。女子は48キロ級を残し、53、58、63、69、75キロ級はそれぞれ54、60、66、72、78キロ級となる。

 UWWは今夏の総会で新階級を決定し、来年から適用する方針だ。

 男女とも重量化され、日本勢の男子は厳しい戦いを強いられそうだが、階級変更の影響は、むしろ女子の方が大きい。

 リオでの58キロ級で頂点に立った伊調は、東京で60キロ級に出場する可能性もあるが、そもそも体重は58キロに満たない。増量して60キロ級にエントリーするよりも、減量して54キロ級で出場した方がパフォーマンスは発揮しやすい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る