女子レスリング階級刷新 伊調vs沙保里の女王対決実現か

公開日:  更新日:

 日本のお家芸に改革のメスが入る。

 世界レスリング連合(UWW)が20年東京五輪に向けて男女各6階級を刷新し、女子ではリオで五輪4連覇を達成した伊調馨(32)の58キロ級などが廃止されるという。

 男子はフリー、グレコローマン両スタイルの階級区分を統一(60、70、80、90、100、130)。女子は48キロ級を残し、53、58、63、69、75キロ級はそれぞれ54、60、66、72、78キロ級となる。

 UWWは今夏の総会で新階級を決定し、来年から適用する方針だ。

 男女とも重量化され、日本勢の男子は厳しい戦いを強いられそうだが、階級変更の影響は、むしろ女子の方が大きい。

 リオでの58キロ級で頂点に立った伊調は、東京で60キロ級に出場する可能性もあるが、そもそも体重は58キロに満たない。増量して60キロ級にエントリーするよりも、減量して54キロ級で出場した方がパフォーマンスは発揮しやすい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る