元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

マインツ武藤嘉紀<下>「エゴイストにならないといけない」

公開日:

 16年に右ヒザを2度も故障。復帰を果たした今年はしかし、7試合中5試合に先発しながら得点ゼロのままだ。15年夏に移籍して半年間で7点を挙げているだけに焦りばかりが募る。

 ◇  ◇  ◇

「1年目は(トルコ代表MF)マリ(現ボルフスブルク=独)とコンビを組んで『生かし生かされる関係』が構築できていた。今はメンバーがガラリと代わり、どの選手も『自分が、自分が』になりがち。2トップはジョン(コロンビア代表FW)と組むことが多いけど、ジョンは自分でフィニッシュに持ち込みたがるので、なかなか彼からはパスが出てこない。工夫を施さないと難しい」

 そんな中、献身的な仕事でチームの勝利に貢献しようとしても存在感は薄れてしまう。これが武藤の目下のジレンマだ。

「(日本代表監督)ハリルも言っていますが、日本に強烈なストライカーが出てこないのは、日本人という人種がエゴイスティックな部分を嫌う傾向が強いから。でも、外国人選手たちは《エゴイストの集団》と言っても過言ではない(苦笑い)。2月10日のアウグスブルク戦でDFが獲得したPKをMFハイロ(スペイン)が持ってった。結果さえ残せば、より大きなクラブから誘われる。ステップアップのために彼らは平気でそういうことをやる。自分? エゴイストにならないといけないと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る