日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

冷や飯生活のレスター岡崎 ラニエリ監督解任は吉か凶か?

 日本代表FW岡崎慎司(30)が所属する英プレミアリーグの昨季の優勝クラブ・レスターのラニエリ監督が現地23日、クビを切られてしまった。

 サッカー界の一大奇跡と呼ばれたプレミア制覇から9カ月。功労者が解任された。確かに今季成績は惨憺たるモノ。国内リーグ戦は今年に入って6戦連続無得点。1分けの後、ドロ沼の5連敗中で降格圏の18位と勝ち点差1の17位に低迷している。国内カップ戦は18日の5回戦で3部クラブに不覚を取り、22日の欧州CLでもスペインのセビリアに1―2で敗れている。成績不振を理由に解雇されても、致し方ない状況に置かれていた。

 そこで気になるのは、今季出場機会に恵まれていない岡崎にとって指揮官交代は吉と出るか、それとも凶と出るか、だ。

「岡崎を控えFWの2番手に冷遇していたラニエリがいなくなり、誰が新監督に就いても岡崎の出番は増えるだろうと思われがちだが、誰よりも岡崎の良さを知り尽くしているラニエリが『ゴールの予感がしない』と衰えを指摘している通り、岡崎はプレミア1部で通用しないという見方が定着しており、今回のラニエリ解任がプラスに作用することはない」(サッカーライター)

 プレミアは今季残り13試合。新監督が決まるまでシェークスピア助監督が指揮を執るといわれているが、岡崎の冷や飯生活は変わらない――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事