錦織ストレート負けで8強どまり 右手首痛で強打できず

公開日:  更新日:

 マスターズ制覇は、はかない夢に終わりかねない。テニスのマイアミ・オープンは29日(日本時間30日)、男子シングルス準々決勝を行い、第2シードで世界ランキング4位の錦織圭(27)が同40位のファビオ・フォニーニ(29=イタリア)と対戦したが、0-2のストレート負けを喫した。

 前日の4回戦では左膝に加えて右手首も痛めていたそうで、リターンで強振できず、ドロップショットなどで対抗するのが精いっぱい。格下相手に2セット合わせて5度のブレークを許す完敗だった。

 試合後の錦織は「きょうは100%の状態でのプレーは難しかった。きのうの4回戦で右手首に痛みが急に出て、きょうも引かなかった。やりきれないし悔しい」と自身への憤りを隠さなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る