梨田監督も絶賛 打線爆発より価値ある楽天・岸孝之の好投

公開日:  更新日:

 9日のロッテ戦で、チーム創設13年目にして初となる開幕3カード連続勝ち越しを決めた楽天。その記録以上に指揮官を喜ばせたのが、先発した岸孝之(32)の快投だった。

 雨が降る中、6回4安打1失点。西武からFAで移籍し、開幕からフル回転を期待されながらも、インフルエンザで開幕投手を回避。「ホッとした」と胸をなで下ろした新エースを、梨田監督は「安心感、存在感が違う」と絶賛だった。

 楽天は、2番から助っ人を3人並べる打線が好調。この日も開幕8試合で早くも4度目となる2ケタ安打を記録した。指揮官の起用が当たってはいるものの、言うまでもなく打線は水物だ。

 梨田監督は近鉄を率いていた01年に、チーム防御率4・98でリーグワーストだったオンボロ投手陣を「イテマエ打線」でカバーし、リーグ優勝に導いた経験がある。しかし、チーム防御率最下位球団が優勝した例はその後、一度もない。01年の近鉄がいかにレアケースだったかは、梨田監督が誰よりも分かっている。

 楽天のチーム防御率は3・89でリーグ5位。打線の好調より、岸の好投の方がはるかに心強い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

もっと見る